2012年8月 6日

ふらのふたたび

久方ぶりに富良野へ行ってきました。

すでにラベンダーはほとんど刈り込まれています。

しかし、私の密かな目的は・・・

続きを読む "ふらのふたたび" »

2011年9月12日

秋のけ・はい

支笏湖に行ってきました。
かなり、涼しかった。

Dsc_0140


しばらくぶりに行ったら、湖畔はなにやらおしゃれになっていました。
でも、札幌からちょっと行けば、こんなに自然いっぱいなのです。

北海道は自然がいっぱいじゃ。

2011年8月15日

おぼん

お墓参りに小樽へ行きました。
おひるはこちらで、おそばです。

Dsc_0102_2


2008年3月23日

ボンジュール⇒ボンジョルノ⇒ボンジュール

帰ってきました。3ヶ国かなりハードなスケジュールでしたが、無事戻っています。P1000331

イタリアのある都市の石畳!

ベルギー、イタリア、フランスとあっちへいったりこっちへ行ったり。

目からうろこの10日間でした。

P1000437

アメリのカフェ♪ 混んでいました。

意外に小さいエッフェル塔。

P1000610

お天気がいまいちでしたが、愉しい毎日でした。

後日、落ち着いたら何か思い出話でも。

2007年2月13日

長崎は…

もう10日経過してしまいましたが、長崎は雪でした。なので、遠くへ行った感 ゼロ

でも・・・070203_161501何か柑橘がなっている…可愛い♪

それと・・・こんなところも。

また、旅に出たいですねぇ。070202_181401

070203_154701

2006年2月 6日

ice candles

060206_1951002今日から雪祭りが始まりました。

そのせいか?

会社の帰り道アイスキャンドルの大群が!

いつもの道もゆらゆらの炎で、ほんわかしていました。

んー。いやたまらん。

よい!060206_1952001

ちなみに札幌の人ならわかると思いますが、36号線と環状通りの交差点あたりです。大きい通り同士でしょ。

中央分離帯で携帯にて撮影。

札幌は土曜日に降った雪が、ものすごく、せっかく一度排雪(道の脇などにこんもりためた雪を遠くの雪捨て場までもってゆく)したのに、元に戻ってしまいました。歩道は車道との間に私(165㎝+ヒール)よりはるかに高い雪の塀が出来ています。

おもてなしの一環なのか…よく判らないですけど、冬の夜の楽しい出来事でした。

060206_1952002 粋ですよね。

例えば、元気がなくてしょんぼり歩いていても、ちょっといいことがあったって、幸せ気分で眠れるような気がします。

2005年12月11日

のすたるじい

nitigin 雪が積もって、本格的に冬になってきました。

寒いのも雪も、暮らすにはとても大変だけど、景色を見るだけなら最高です。

街も雪があると静かだし、何もかもきれいに見えます。

小樽運河は吹雪で、向こう側がよく見えなかったけど、幻想的でこれまたキレイでした。

SLニセコ号は雪にとっても似合っていました。もしも、あんなに人が乗っていなくて、静かに雪の降る中を走っていたら…

居眠りなんかしたら、目覚めたら昔に戻っていた!なんてありそうなほど、雰囲気たっぷりでした。

ニセコ号(C11 207号機)は、2000年に復元され現在活躍中ですが、もとは昭和16年生まれ、昭和49年まで日高線、瀬棚線などで使用されていたそうです。その後、展示されたりしていたんですね。知らなかったな。

2005年12月10日

SLクリスマスin小樽

SLに乗って小樽に行きました。

蒸気がシューッとあがり、汽笛の音もして、車内は昔の作り。一歩乗り込んだらタイムスリップ気分です。乗務員さんたちも昔の制服。

車内はちびっこでなくても大興奮。とっても賑やか^^

札幌~小樽間は、海岸線を通ります。いたるところで猛吹雪の中、この列車を待つ鉄道ファンがカメラを向けていました。ド根性ですね。

そして、なんと大勢のサーファーが波乗りを楽しんでいるではありませんか!!車内騒然です。彼らはこちらに向かって手を振っていたり…確か今日は真冬日なのに…!

たった45分でしたが、不思議な旅気分でした。

SLchristmas2005   

2005年12月 9日

予告です^^

今日から運行されているSLクリスマスin小樽 

ちゃっかり指定券をとっていて、明日小樽に行って来ます。

どんなのでしょう?

楽しみです。

2005年10月18日

えいえんのこどく

淋しそう でもこの場所が いいのかなDSC006251 

曇空と夕暮れ時とでいっそうそう感じました。

肩に小鳥がとまるといいな

より以前の記事一覧